「グレインフリーって良く聞くけど、いったい何がいいの?」

「グレインフリーは良いものらしいけど、出来るだけ安く買いたいな…」

犬を飼っている方で、このような悩みをお持ちの人は非常に多いのですが、あなたもそうでしょうか?

ペットショップに行くと、通常のドッグフードコーナーに加えてプレミアムドッグフードコーナーもあり、何十種類ものドッグフードが並んでいます。

さらに、通販でしか手に入らないドッグフードもあって、何を基準に選んでいいものやら…

ドッグフード選びは本当に難しいですよね…

 

そこで、当ページでは、

私がペットショップや獣医の方に徹底的に取材して、厳選したグレインフリーのドッグフードをご紹介します!

あなたが「グレインフリーのドッグフードは何がいいの?」と迷われているなら、是非参考にしてみてください。

 

 

グレインフリードッグフードって何?

このサイトでは、グレインフリーのドッグフードを推奨しています。

では、そもそもグレインフリーとはどういう意味なのでしょうか?

グレインとは「穀物」のこと。

つまり、穀物が入ってないドッグフードの事を、グレインフリードッグフードと言います

(ここで言う穀物とは、小麦・とうもろこし・米を指します)

 

どうして穀物が入ってないドッグフードがいいのでしょうか…?

それは、犬にとってのアレルゲンとなるからなんです。

実はいま、年々犬のアレルギーが増えてきていると言います。かかりつけの獣医さんに聞いてみたところ、統計はないですが、およそ4割くらいのワンちゃんが何らかのアレルギーにかかっているそうです。

そのアレルギーの中で最も多いのが穀物アレルギーだというのです。

 

また、犬は草食動物のように穀物を消化するのに適した消化器官を持っていません。

その為、穀物が(体質的に)苦手な犬が多いと考えられているのです。

 

ちなみに、アレルギーとはどんな症状が出るのかというと

  • フケ
  • 下痢
  • 吐く
  • 痒がる
  • 皮膚に赤い湿疹ができる

これらの症状が続くようなら、穀物アレルギーを疑った方がいいと思います。

 

近年、愛犬のクオリティーオブライフが考えられるようになりました。

そんな流れの中で、メーカーが最新の科学や安全性を追求して生まれた最高グレードのドッグフード…それが、グレインフリードッグフードなのです。

安くて良いグレインフリードッグフードは?

愛犬の為に必要な栄養素をたっぷり入れ、安全性を高めている高品質のグレインフリードッグフード。

でも、そうは言っても出来るだけ安く手に入れたい、と思ってしまいますよね。

そこで、ここでは「グレインフリードッグフードなび」が調べた特にオススメのドッグフード3選をご紹介します。

 

1位:カナガンドッグフード

カナガン

原産国:イギリス

主原料:チキン(正肉)

1日あたりのコスト:166円(定期購入)※給餌量によって異なります

コスパNO.1!安全性も高く、私が最もオススメするドッグフードです。

発売当初はダントツの人気NO.1でしたが、最近様々な高品質ドッグフードが出てきたためあまり目立たなくなりました。

しかし長年愛用者が多く、歴史がある分安心度は非常に高いです。グルコサミン・コンドロイチンが配合されている所も◎!

基本はカナガンをベースに、色々試してみるという与え方が安心ですよ!

私が言えるのは「迷ったらコレ!」です(笑)

 

2位:ニュートロ・ワイルドレシピ

ニュートロ・ワイルドレシピ

原産国:アメリカ

主原料:チキン生肉&乾燥チキン

1日あたりのコスト:174円※給餌量によって異なります

私の厳選グレインフリーの中で、コスパNO.2!

大型のペットショップなどでは置いてある場合もあり、手軽に購入できます。

ただ、体に悪い添加物の代表である「ビートパルプ(栄養がほぼなく、カサ増しに使われる)」「タンパク加水分解質(発がん性が指摘されている)」が使われているのが気になります。

通常このクラスのドッグフードでは使わないのですが…。

他の原材料はいいものが使われていますので、安心です。

 

3位:モグワンドッグフード

モグワン

原産国:イギリス

主原料:チキン(正肉)

1日あたりのコスト:198円(定期購入)※給餌量によって異なります

コスパNO.3!ある理由からシニア犬に最もオススメするドッグフードです。

カナガンを販売しているレティシアンという会社が、自社で「手作りドッグフード」を意識して独自開発したものです。

日本人スタッフが、日本に住む犬の為に作ったフードで、お魚が入っているところが◎

グルコサミン・コンドロイチンも入っており、愛犬オーナーの「こんなごはんを食べさせてあげたい」を徹底的に追求したドッグフードです。

 

私がオススメするグレインフリードッグフードBEST3でした。

上記3商品以外のおすすめグレインフリードッグフードをチェックしてみたい方は

こちらの「その他のおすすめグレインフリードッグフード5選」をご覧ください!

 

グレインフリーとグルテンフリーって何か違うの?

ここまで読んで、「ん?グレインフリーとグルテンフリーとの違いは何?」と思われたかもしれませんね。

実は私もその一人でした。

そこで、ここではグレインフリーとグルテンフリーの違いをご説明します。

  • グレインフリー…穀物(小麦・とうもろこし・米など)が不使用
  • グルテンフリー…穀物から生成されるタンパク質が不使用

 

実は犬は肉食動物のため、体重1kgあたりに必要なタンパク質の量が、人間の2倍ほどになります。

そのタンパク質は本来チキンなど肉を主体に摂取する必要があるのですが、コストが高くなってしまうことからグルテンを使用していました。

しかし、このグルテンが犬のアレルゲンになってしまうため、使用しないドッグフードが増えているのです。

グレインフリーは小麦やトウモロコシを含まないので、おのずとグルテンフリーということになりますね。

 

グレインフリードッグフードにもデメリットはある!

良いことばかりのように見えるグルテンフリーのドッグフード。しかし実はデメリットも存在するのです。

ドッグフード選びにはメリットとデメリットをしっかり把握することが大事。そこで、グレインフリーのデメリットをご説明します。

 

デメリット①:たんぱく質の過剰摂取

グレインフリーのドッグフードは、基本的には高品質です。

ただし犬に必要なタンパク質を多く含む(正肉を使用しているケースが多い)ため、今までの低価格ドッグフードと同じ量を与えると、過剰摂取になってしまいがちです。

そうなると、肝臓や腎臓に負担がかかってしまうのです。

高タンパク質のグレインフリードッグフードに切り替えた時は、1日の給餌量を減らす必要があるということですね。

【関連記事】ドッグフードを与える量が一瞬で計算できる方法

 

デメリット②:炭水化物不足からの体重減少

原材料に肉類を多く使うと、タンパク質に比例して脂肪の割合が増えます。

なら太るんじゃないの?と思うかもしれませんが、太るためには「糖質」が必要です。

しかしグレインフリーなので糖質の摂取量が少なく、その分インシュリンの分泌も少なくなり、脂肪がエネルギーとして消費されてしまうのです。

そうなると適正体重を維持できなくなってしまいます。

このデメリットを補うため、グルテンを含まない「豆」や「サツマイモ」などを使用する高品質グレインフリードッグフードも開発されています。

購入時には成分をじっくりチェックする必要があるということですね。

 

グレインフリードッグフードのメリットは?

グレインフリードッグフードには、デメリットを補って余りあるメリットがあります。

メリット①:アレルギー発症リスクの軽減

いままでお伝えしてきたように、小麦やトウモロコシは犬にとってアレルギーになりやすい食品です。

もちろん穀物アレルギーにならない犬もいますが、リスクが高いことには変わりありません。

穀物が入っていないグレインフリードッグフードは、そのリスクを最初から排除しているのが大きなメリットですね。

 

メリット②:肥満を避けられる

デメリットと表裏一体なのですが、犬にとって最も大事な栄養素は「タンパク質」です。

しかし値段の安いドッグフードはコストを下げるため大量の穀物を使用しています。

体内に穀物が多く入ると、糖質の過剰摂取となり肥満になってしまいます。

犬にとって大事な栄養素「タンパク質」がつまったグレインフリードッグフードは、愛犬の体作りに役立つのが大きなメリットと言えるでしょう。

 

メリット③:安全性が非常に高い

格安のドッグフードはコストを下げるため、原産地が把握できない穀物や、人間が食べられない肉を使用しています。

例えば「チキン」と書いてあっても、格安ドッグフードは品質の悪い肉に加え、トサカなど肉以外の部位も混ぜてかさ増しをしている場合もあるのです。

一方、グレインフリーは、愛犬に健康になってもらいたいという熱い想いから生まれたドッグフードです。

穀物を使っていないだけでなく、人間が食べても大丈夫な肉を使用しています。

そうしたドッグフードは、原材料名のところに「チキン(正肉)」と書かれてあります

この「正肉」は、格安ドッグフードではコストが高すぎてまず使われていません。

逆に原材料名に「チキンミール(肉)」とか「チキンミール」と書かれているものは要注意です。

 

 

我が家の愛犬・ピート(ノーフォークテリア)も、グレインフリー!

我が家の愛犬は、ノーフォークテリア(♂)のピートです。10歳になります。

いたずらっ子で、いつも私の足元をウロチョロ…

ご飯を食べていたら、「何かチョーダイ」と必ず膝の上に乗ってきます。

 

そんなピート、結構好き嫌いが激しくて、ドッグフードを与えても残してしまうこともしばしば。

ペットショップでいろんな種類のドッグフードを買ってきては試したんですが、なかなか気に入るものがなかったんですね。

 

そこで、適当に買うのではなく、ドッグフードについてきちんと調べよう、と思い勉強することにしました。すると…

ビックリしたのは、いわゆる格安ドッグフードには、犬にとって良くない食材(〇〇ミートと記載されてるもので、死んだ動物の肉など)や、食欲を増進させるため添加物をまぶしているものが多いことがわかったんです。

さらに、犬にとって穀物がアレルゲンになるケースが多いというのも衝撃でした。

そこで、調べたり知り合いの獣医さんに聞いてみたところ、グレインフリーのドッグフードが良いことに気が付いたのです。

 

ちなみに私は先日、娘が誕生しました。

小指をギュッと握ってくれると、何とも言えない幸せな気持ちになります。

この子には出来る限りの愛情を注ぎたいと思います。

そしてそれは、ピートにとっても同じことなんじゃないかって思ったんです。

 

愛する我が子には、こんな風に思いますよね?

  • 我が子に人工着色料や原産地不明のものを与えたくない
  • 我が子にアレルゲンの入った食べ物を与えたくない
  • 我が子に愛情のこもった美味しい食事を与えたい

この「我が子」を「愛犬」に変えて考えてみてください。

ね?同じことでしょう?

 

ワンちゃんは大切な家族です。一緒にいるだけで笑顔をくれる、心を癒してくれます。

そしてきっとこう思ってますよね?「守っていってあげたい」と。

そんな愛犬の健康をつくるのが「ごはん」なのです。

 

あなたが今「どんなグレインフリーのドッグフードをあげれば良いのかわからない…」と悩まれているなら、

是非このサイトを読んでみて下さい。

どのドッグフードを選べばいいのか、そのお手伝いをさせてください!

 

新着記事一覧へ